コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

買取請求 カイトリセイキュウ

2件 の用語解説(買取請求の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいとり‐せいきゅう〔かひとりセイキウ〕【買取請求】

投資信託の換金方法の一。投資家が保有する受益証券投資信託)を販売会社に買い取ってもらうもの。この場合、投資信託の信託財産は減少しない。→解約請求
単元未満株主が株式会社に対して、所有する単元未満株を買い取るよう請求すること。会社法で規定される。→単元株制度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

買取請求

会社が定款で単元未満株の株券を発行しないことを定めた場合、株主には、株券がなくても、売却をすることができる権利が与えられており、その権利のことを買取請求という。平成13年10月に商法改正が施行され、単位株制度は廃止され、単元株制度が導入され、これにより会社は定款で一定数の株式を「1単元」とすることを定めることができるようになった。それまで単位株制度を採用していた会社については、単元未満株を発行しない旨の定款変更をしたとみなしている。尚、株式公開を目指すベンチャー企業がベンチャーキャピタルから出資を仰ぐ場合に締結する契約書に同様の記載が含まれている場合注意すべき条項である(例えば、売上(利益)目標が達成しない場合、経営者が、その株式を買取る等の条件)。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

買取請求の関連キーワード大型株株券単位未満株単元未満株入庫単位株制度単元株制度受株株券失効制度発行済株式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

買取請求の関連情報