コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワガタモドキ Trictenotoma davidi

2件 の用語解説(クワガタモドキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クワガタモドキ【Trictenotoma davidi】

甲虫目クワガタモドキ科の昆虫。和名は大あごがクワガタムシ類のように発達していることによる。中国中・南部や台湾に分布するが,日本にはいない。体長5cm内外で灰褐色の短毛を密生する。幼虫は枯木,朽木の樹皮下に穿孔(せんこう)し,樹皮下で蛹化(ようか),5月ごろから成虫となって出現する。よく飛翔(ひしよう)し,樹液に好んで集まるという。幼虫のからだは白色で細長く,1対の尾突起と胸脚を有する。 クワガタモドキ科Trictenotomidaeは10種余りが知られているが,おもに熱帯アジアの森林に生息し,日本には生息しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワガタモドキ
くわがたもどき / 擬鍬形

昆虫綱甲虫目クワガタモドキ科Trictenotomidaeに属する昆虫の総称。東洋熱帯域の森林地帯に分布し、10種余りが知られている。体長60~80ミリメートルの大形甲虫。長形でやや平たく、頭は水平に突き出し、大あごは頑丈である。ノコギリカミキリ類やクワガタムシに似ているが、(ふせつ)は5節で後脚(こうきゃく)だけ4節。触角は先の3節が内方へ広がる。幼虫は細長い体と短い脚(あし)をもつ。台湾産のトリクテノトマ・フォルモサナTrictenotoma formosanaをさすこともある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワガタモドキの関連キーワード牙虫鍬形虫穀盗人青擬天牛擬蟷螂擬天牛木回擬精霊蝗短截象虫鶴擬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone