コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロンの土圧論 Coulomb's earth pressure theory

法則の辞典の解説

クーロンの土圧論【Coulomb's earth pressure theory】

フランスのクーロンによって1773年に提唱された考え方で,土楔論ともいう.クーロンは擁壁に加わる土圧の問題を解くのに際して,滑り面を直線と仮定し,擁壁に向かって滑り落ちようとする土の形を三角形(つまりくさび形)とした.これは土のくさびが擁壁に向かって落ち込む状態(主働状態),または逆に押し上げられる状態(受動状態)のときの力の釣合状態から,擁壁に作用する力を求めるものである.クーロンの土圧公式*も参照.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

クーロンの土圧論の関連キーワードモーツァルトラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白鶴岡一人手島堵庵(てじまとあん)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android