コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロンの土圧論 Coulomb's earth pressure theory

法則の辞典の解説

クーロンの土圧論【Coulomb's earth pressure theory】

フランスのクーロンによって1773年に提唱された考え方で,土楔論ともいう.クーロンは擁壁に加わる土圧の問題を解くのに際して,滑り面を直線と仮定し,擁壁に向かって滑り落ちようとする土の形を三角形(つまりくさび形)とした.これは土のくさびが擁壁に向かって落ち込む状態(主働状態),または逆に押し上げられる状態(受動状態)のときの力の釣合状態から,擁壁に作用する力を求めるものである.クーロンの土圧公式*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

クーロンの土圧論の関連キーワードモーツァルトラングスドルフティーク秋田蘭画グアテマラゲーテシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)杉田玄白鶴岡一人手島堵庵(てじまとあん)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android