コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロンの土圧論 Coulomb's earth pressure theory

1件 の用語解説(クーロンの土圧論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クーロンの土圧論【Coulomb's earth pressure theory】

フランスのクーロンによって1773年に提唱された考え方で,土楔論ともいう.クーロンは擁壁に加わる土圧の問題を解くのに際して,滑り面を直線と仮定し,擁壁に向かって滑り落ちようとする土の形を三角形(つまりくさび形)とした.これは土のくさびが擁壁に向かって落ち込む状態(主働状態),または逆に押し上げられる状態(受動状態)のときの力の釣合状態から,擁壁に作用する力を求めるものである.クーロンの土圧公式*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーロンの土圧論の関連キーワードクープランクーロン磁気ツーロンクーラント庫倫ロン大クープラントゥーロンクーロンの法則(静電気)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone