コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーン主義 クーンしゅぎKuhnianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーン主義
クーンしゅぎ
Kuhnianism

科学史家トマス・S.クーンによって提唱された,科学は理論枠組み(→パラダイム)が交代することで発展するものとする思想。1960年代以降,科学史科学哲学において大きな流れとなった。科学の理論の発展には 2種類があるとし,一つは既存の枠組みのなかでの発展,もう一つは明確な枠組みはなく,むしろ新しい枠組みを求めた発展であり,この二つの発展が交互に起こることが科学の歴史であるととらえる。また,理論の一つの枠組みのなかでのみそこで議論される概念対象は意味をもち,枠組みが変われば,過去の枠組みの概念は新しい枠組みの概念に完全に対応させることはできないとした共約不可能性(通約不可能性)もこの思想に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android