グエン・ズイ・チン(英語表記)Nguyên Duy Trinh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グエン・ズイ・チン
Nguyên Duy Trinh

[生]1910. ゲアン
[没]1985.4.20. ハノイ
ベトナムの政治家。農家に生れ,反帝・反封建主義学生運動に参加,1930年インドシナ共産党に入党。 51年ベトナム労働党政治局員,60年7月ベトナム民主共和国 (北) 副首相,63年7月以降外相に就任。国家計画委員会主任として第1次3ヵ年計画 (1958~60) ,同5ヵ年計画 (61~65) を推進。ベトナム戦争拡大の非常事態下で社会主義諸国を歴訪,経済援助協定を次々に調印した。 76年7月の統一国会でベトナム社会主義共和国の副首相兼外相に選出されたが,80年2月退任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グエン・ズイ・チン
ぐえんずいちん
Nguyen Duy Trin
(1910―1985)

ベトナムの政治家。ベトナム北部のゲアン省生まれ。1928年対仏独立運動に参加、1930年インドシナ共産党創立とともに入党。1951年ベトナム労働党中央委政治局員。1960年ベトナム民主共和国副首相、1963年外相を兼務。1976年7月ベトナム社会主義共和国成立後も副首相兼外相として対ASEAN(アセアン)平和共存四原則を提唱。1980年2月老齢を理由に解任され、1982年党指導部の若返りを目ざした第5回党大会で平の中央委員に降格された。[黒柳米司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

グエン・ズイ・チン
Nguyen Duy Trinh


1910 - 1985.4.20
ベトナムの政治家。
元・ベトナム社会主義共和国副首相兼外相。
ゲアン省生まれ。
ベトナム北部のゲアン省に生まれる。’28年対仏独立運動に参加。’30年インドシナ共産党創立とともに入党。’32年逮捕、コンソン島に流刑、13年間重労働に従事する。’45年人民革命委員、’51年ベトナム労働党中央委員会政治局員となる。’60年北ベトナム副首相および国家計画委員会主任をつとめ、理論家として工業化の推進をはかる。’63年外相を兼務。’76年ベトナム社会主義共和国成立後も、副首相兼外相をつとめる。’78年来日。’80年2月老齢を理由に解任となり、’82年引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android