コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グジャラート州 グジャラートGujarāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グジャラート〔州〕
グジャラート
Gujarāt

インド西部にある州。カティアワール半島を中心に,その北に接する平野部と半島の東西に入込むカンベイ,カッチ両湾の対岸地域を含み,北西部はパキスタンと国境を接する。 1960年,言語による州の再編が行われ,当時のボンベイ州から分離して州となった。州都ガンディナガル。北西部は不毛のカッチ大湿原で,雨季には氾濫した河水におおわれるが乾季には塩分を含んだ砂地となる。北部の平野は降水量が少く,南東に向うに従い降水量が増加し,カンベイ湾東岸部では肥沃な農業地帯を形成。綿花,米,コムギ,雑穀,ラッカセイなどの農産物,チーク材,タケ,ビャクダンなどの林産物主産物同国の主要工業州で,カンベイ湾などで石油,天然ガスを産出するほか,ソーダ灰,塩の生産は同国の大部分を占める。セメント,植物油,化学,医薬品の生産も重要で,アーメダバード綿工業は有名。北西部のカッチ地方を除いて鉄道網が整備され,州東部を南北に走るデリー-ムンバイ (ボンベイ) 間の幹線鉄道と国道が州の主要都市を結ぶ。面積 19万 6024km2。人口 4117万 4343 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グジャラート州の関連キーワードサーバルマティアーシュラムカーティアーワール半島アフマドシャーモスクシディバシールモスクシディサイヤドモスクマハーバトマクバラーシャトルンジャヤ山スレンドラナガルナルマダー[川]アフマダーバードグジャラート語パーバガドゥ山チャンパネールグジャラート派ガー国立公園バドーダラーラージコートアイナマハルギルナール山ポルバンダル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グジャラート州の関連情報