コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グソクムシ(具足虫) グソクムシAega dofleini

世界大百科事典 第2版の解説

グソクムシ【グソクムシ(具足虫) Aega dofleini】

ふつうは海底にすんでいるが,一時的に魚類に外部寄生する等脚目グソクムシ科の小型甲殻類。体は淡褐色をしており,細長い紡錘形で長さ4cm,幅1cmくらい。頭部には左右に分かれた暗色で細長の複眼がある。胸脚のうち前方の3対は短く,鉤(かぎ)形をしており,他物にしがみつくのに適し,これより後方の胸脚は長く,すべて歩行に適した形をしている。尾肢と尾節の先端はとがる。日本沿岸の深海底から採集される。グソクムシ科には多くの種類が知られているが,いずれも海底から単独でとられる場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグソクムシ(具足虫)の言及

【オオグソクムシ】より

…4近似種が東シナ海,フィリピン,台湾海峡,オーストラリアおよび大西洋などの100~500mの深所から知られ,いずれも本種くらいの大きさである。形のよく似たグソクムシAega dofleiniは小型で4cmくらい。体は細長く,腹尾節は三角形状。…

【オオグソクムシ】より

…4近似種が東シナ海,フィリピン,台湾海峡,オーストラリアおよび大西洋などの100~500mの深所から知られ,いずれも本種くらいの大きさである。形のよく似たグソクムシAega dofleiniは小型で4cmくらい。体は細長く,腹尾節は三角形状。…

※「グソクムシ(具足虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報