コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラヌム グラヌムGlanum

2件 の用語解説(グラヌムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラヌム
Glanum

フランス南部のサンレミドプロバンス南方に位置する古代ローマの都市。初めはリグリア人の聖所があったが,前2世紀に多数のマッシリア (マルセイユ) 人が植民し,G.マリウスのときにローマ化が始った。ローマの内乱時代に被害を受けたが,その後再建され,住民にはラテン市民権が与えられ,宏壮な建造物が造られた。 270年頃蛮族により破壊され,放棄された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グラヌム(Glanum)

フランス南部、プロバンス地方、ブーシュ‐デュ‐ローヌ県の町サンレミ‐ド‐プロバンスにある、古代ローマ時代の都市遺跡。凱旋門や霊廟(れいびょう)をはじめ、紀元前6世紀から3世紀頃までに築かれたさまざまな建造物が残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone