グラハム ウォーラス(英語表記)Graham Wallas

20世紀西洋人名事典「グラハム ウォーラス」の解説

グラハム ウォーラス
Graham Wallas


1858 - 1932
英国の社会学者,政治学者。
元・ロンドン大学教授。
1914年からロンドン大学教授になり、たびたび渡米して講演旅行を行っていた。1886年にフェビアン協会の会員になり、執行委員を務めた。従来の法律論的・機構論的政治学から離れて、政治学に心理学的方法を導入し、潜在意識と意識下の思考過程は社会・政治生活と硬く結びついていると考えた。また著書「大社会」(’14年)の、テクノロジー発達によって環境の規模が世界的に拡大するとの考えは、今日の社会状況を早い時期に適格に指摘した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android