潜在意識(読み)センザイイシキ

大辞林 第三版の解説

せんざいいしき【潜在意識】

自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層にひそんだ意識。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潜在意識
せんざいいしき
subconsciousness

意識に現れない観念のあることを示そうとする用語。経験的事実として意識できない心的現象ないしは通常の意識とは趣(おもむき)の異なる心的現象が存在することは、無意識の存在に反対する研究者も認めないわけにはいかない。そうした現象の存在をさすために下意識とか潜在意識という用語が使われた。この意味では精神分析の無意識の概念に類似している。フロイト自身もごく初期に潜在意識を無意識と同じような意味で使ったこともあるが、無意識という概念が明確になるにつれて、潜在意識という用語を捨てた。潜在意識という用語には、顕在していないかもしれないが状況のいかんによっては意識化されるという意味が含まれるが、無意識という概念では、絶対に意識化されないものとしての無意識が考えられる。意識化されるものは前意識とよばれる。潜在意識という考え方には、意識を中心にして心理を考えようとする傾向があるが、無意識の考え方では、意識心理学を批判し否定しようとするところがある。[外林大作・川幡政道]
『下条信輔著『サブリミナル・マインド――潜在的人間観のゆくえ』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潜在意識の関連情報