コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラハムズタウン グラハムズタウンGrahamstown

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラハムズタウン
Grahamstown

南アフリカ共和国東ケープ州南部の都市。アフリカーンス語では Grahamstad。ポートエリザベス北東約 120km,コウイ川の水源近くに位置。1812年ジョン・グラハム大佐によって対バンツー諸族軍事基地として建設され,ケープ植民地の辺境地帯の拠点として重要な役割を果たした。1820年にはイギリス人が入植,ケープ植民地東部の中心都市となった。市街は広い並木道とイギリス国教会系,カトリックメソジスト派などの 19世紀前半に建設された聖堂が多く,それらのなかには,カフィル戦争の際に婦女子の避難所となったものもある。またロードス大学,女性教師のためのイギリス国教会系の大学や上級裁判所もある。人口 2万1406(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グラハムズタウン(Grahamstown)

南アフリカ共和国南部、東ケープ州の都市。ポートエリザベス北東約130キロメートルに位置する。英国人による初期の入植地の一つ。名称は内陸進出を進めた陸軍大佐ジョン=グラハムにちなむ。聖マイケルアンドジョージ大聖堂、ローズ大学などがある文教都市として知られる。グレアムズタウン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android