グラハムズタウン(英語表記)Grahamstown

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラハムズタウン
Grahamstown

南アフリカ共和国東ケープ州南部の都市。アフリカーンス語では Grahamstad。ポートエリザベス北東約 120km,コウイ川の水源近くに位置。1812年ジョン・グラハム大佐によって対バンツー諸族軍事基地として建設され,ケープ植民地の辺境地帯の拠点として重要な役割を果たした。1820年にはイギリス人が入植,ケープ植民地東部の中心都市となった。市街は広い並木道とイギリス国教会系,カトリックメソジスト派などの 19世紀前半に建設された聖堂が多く,それらのなかには,カフィル戦争の際に婦女子の避難所となったものもある。またロードス大学,女性教師のためのイギリス国教会系の大学や上級裁判所もある。人口 2万1406(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グラハムズタウン(Grahamstown)

南アフリカ共和国南部、東ケープ州の都市。ポートエリザベス北東約130キロメートルに位置する。英国人による初期の入植地の一つ。名称は内陸進出を進めた陸軍大佐ジョン=グラハムにちなむ。聖マイケルアンドジョージ大聖堂、ローズ大学などがある文教都市として知られる。グレアムズタウン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android