グラブ・パシャ(読み)グラブパシャ

百科事典マイペディアの解説

グラブ・パシャ

英国の軍人J.B.グラブSir John Bagot Glubbの通称。陸軍士官学校を卒業。第1次大戦に従軍。1920年以降イラクとヨルダンに勤務し,1939年英国の委任統治領トランスヨルダンの近衛兵軍団総司令官となる。ベドウィンに絶大な信頼をかちえてパシャと呼ばれるほどの威光をもって第1次中東戦争(1948年−1949年)にも活躍したが,左派将校に批判されるようになり,ヨルダン国王フサインによって1956年解任された。帰国後ナイト爵を授けられ,知アラブ派として文筆・講演活動を行った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のグラブ・パシャの言及

【ヨルダン】より

…25年それまでヒジャーズ王国の領土であった南部のマアーンとアカバ地方を併合し,現在のヨルダンの礎となった。28年2月イギリス・ヨルダン同盟条約が締結され,30年にはイギリス軍将校グラブ・パシャの指揮の下に,ベドウィン部隊の砂漠監視軍(デザート・パトロール)が組織された。 46年3月イギリスは委任統治権を廃棄し,イギリスの駐留権を認めさせる代りに軍事上・財政上の援助をトランス・ヨルダンに与えることにした。…

※「グラブ・パシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android