コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリコシド結合

栄養・生化学辞典の解説

グリコシド結合

 糖のヒドロキシル基が他の糖やアルコールのヒドロキシル基と反応して脱水してできる結合.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のグリコシド結合の言及

【炭水化物】より

…デンプンが還元力をもたないのは,その鎖中のグルコースのアルデヒド基がグルコース単位を相互に結びつけるために使われているからである。一般に単糖が他の糖と結合するときには単糖の還元基が他の糖のアルコール性水酸基との間に結合をつくるのであり,この結合をグリコシド(配糖体)結合glycosidic linkageと呼ぶ。二つの還元基どうしが結合することもでき,その例としてショ糖があるが,この方式では二つ以上の糖をつなぎ合わせることはできない。…

※「グリコシド結合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グリコシド結合の関連キーワードαグリコーゲンシンターゼオリゴサッカリダーゼヌクレオシダーゼガラクトシダーゼヒアルロニダーゼスフィンゴ糖脂質シアノコバラミンカルボヒドラーゼホスホリラーゼアミロペクチンαガラクタナーゼグリコシダーゼグルコシダーゼグリコーゲングルクロン酸アスパラギン加水分解酵素ヌクレオチド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android