コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリム・ドイツ語辞典 グリムドイツごじてんDeutsches Wörterbuch von Jacob Grimm und Wilhelm Grimm

世界大百科事典 第2版の解説

グリムドイツごじてん【グリム・ドイツ語辞典 Deutsches Wörterbuch von Jacob Grimm und Wilhelm Grimm】

ドイツのグリム兄弟によって始められた膨大なドイツ語大辞典(1854‐1960)。全16巻32冊。兄弟の生前にはFの途中(Frucht)までしか進まず,遺業は代々の学者に引き継がれたが,1909年以来プロイセン科学アカデミーの事業となった。第2次大戦後は東西に分かれた編集所が政治的立場を超えて協力し,立案(1838)後120年余を経て大辞典は一応の完結を見た。本書は16世紀以降のドイツ語を見出し語とし,語形語義用法の変遷を詳細に後づけているところに特徴がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android