コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリム・ドイツ語辞典 グリムドイツごじてんDeutsches Wörterbuch von Jacob Grimm und Wilhelm Grimm

1件 の用語解説(グリム・ドイツ語辞典の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グリムドイツごじてん【グリム・ドイツ語辞典 Deutsches Wörterbuch von Jacob Grimm und Wilhelm Grimm】

ドイツのグリム兄弟によって始められた膨大なドイツ語大辞典(1854‐1960)。全16巻32冊。兄弟の生前にはFの途中(Frucht)までしか進まず,遺業は代々の学者に引き継がれたが,1909年以来プロイセン科学アカデミーの事業となった。第2次大戦後は東西に分かれた編集所が政治的立場を超えて協力し,立案(1838)後120年余を経て大辞典は一応の完結を見た。本書は16世紀以降のドイツ語を見出し語とし,語形,語義,用法の変遷を詳細に後づけているところに特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリム・ドイツ語辞典の関連情報