コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーシャ軍曹をめぐる争い グリーシャぐんそうをめぐるあらそい Der Streit um den Sergeanten Grischa

1件 の用語解説(グリーシャ軍曹をめぐる争いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリーシャ軍曹をめぐる争い
グリーシャぐんそうをめぐるあらそい
Der Streit um den Sergeanten Grischa

ドイツの作家 A.ツワイクの小説。 1927年刊。ロシア兵捕虜グリーシャがロシア革命の伝染を恐れる軍部によって処刑されるまでを描き,第1次世界大戦中のドイツ軍国主義を批判した作品。全6巻の連作「白人たちの大戦争」の第1作で内容的には第4部をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリーシャ軍曹をめぐる争いの関連キーワード西ドイツヒルデスハイマー統一ドイツアウトブレイク/感染踊る黄金像テイクンドイツの小さな町四つの署名弱気な死人ドイツワイン祭り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone