コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染 デンセン

デジタル大辞泉の解説

でん‐せん【伝染】

[名](スル)
病原体が他の生物体に入り、増殖して病気になること。感染。「はしかが伝染する」
物事の状態・傾向などが他に移って同じような状態が起こること。「あくびが伝染する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

伝染

 ある病原体宿主組織に定着し,さらに増殖し,他の個体へと感染していくこと.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんせん【伝染】

( 名 ) スル
病原体が、ある個体から他の個体に侵入し、病気を引き起こすこと。
良くない現象や傾向が別の人に移ること。 「あくびが-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伝染の言及

【感染】より

…たとえば,小児が麻疹ウイルスに初感染し,麻疹として経過しているとき,化膿菌の二次感染を起こして中耳炎や肺炎を合併することがある。
[感染と伝染]
 日本では,これまで感染と伝染との区別があいまいで,同義語として用いられることが多かった。しかし厳密には,病原微生物が生体に感染して疾病を起こし,その経過中(潜伏期,回復期,病後を含む),感染生体からの分泌物や排出物とともに病原体が出て,接触または媒介によって他の生体を感染させる場合を伝染といい,とくに伝染力の強い感染症を伝染病と呼んでいる。…

【伝染病】より

…昔から〈はやり病(やまい)〉〈疫病〉として人から恐れられてきた病気のことで,病原微生物の感染によって発病する。日本では,感染と伝染の区別があいまいで,この二つは同義語のように用いられることが多いが,感染infectionとは病原微生物が生体に侵入して増殖し,生体に害を与える場合(この病的異常状態が感染症infectious disease)をいい,伝染とは感染症の経過中,感染生体から分泌物や排出物とともに病原体が出て,それが接触または媒介によって他の生体を感染させる場合をいう。したがって伝染病は感染症に含まれるが,感染症のなかでも伝染力(伝播力)の強い感染症をさすわけである。…

※「伝染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伝染の関連キーワード家畜伝染病予防法イネ萎縮ウイルスニューカッスル病コンテイジョン家畜届出伝染病非伝染性感染症家畜法定伝染病インフルエンザ隔離(衛生)伝染病予防法伝染性感染症監視伝染病家畜伝染病法定伝染病届出伝染病指定伝染病二木 謙三獣疫血清感染症ペスト

伝染の関連情報