グルジア人(読み)グルジアじん(英語表記)Gruzin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルジア人
グルジアじん
Gruzin

ジョージアグルジア)の基幹住民。一部はその隣接地域にも分布する。ジョルジア人(ジョージア人)ともいう。ジョージアにおける人口約 400万。形質的にはコーカソイドアルメノイドに属し,隣接するアルメニア人と同系である。一般に身長は中等位,黒褐色の波状の頭髪と褐色の目をもち,短頭でかつ頭高がきわめて高い。南カフカス諸語に属するグルジア語を用い,農業,工業に従事する者が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グルジアじん【グルジア人 Gruziny】

ザカフカス地方の大カフカス山脈南西斜面と黒海に挟まれる地方に住む民族。自称はカルトベリKartveli。人口398万(1989)。西洋古典にみえるコルキス人,イベリア人の子孫で,言語は南カフカス諸語カルトベリ語派に属し,人種は地中海型・アルメノイド型特質を示す。北方遊牧民,ギリシア,ローマ,イラン等の中間にあったので複雑な文化的影響を受けた。4世紀にキリスト教化したが,国土は7世紀以後しばしばムスリム(イスラム教徒)の侵入を被り,16世紀からロシア併合まではトルコとイランによって東西に分割された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグルジア人の言及

【ソビエト連邦】より

… チュルク諸語系の民族はソ連に20民族あるといわれるが,そのおもなものは上記のほかに,ボルガ中流,南ウラルのタタール人,チュバシ人,バシキール人,南シベリアのアルタイ人,トゥバ人,ハカス人,東シベリアのヤクート人,カフカス地方のアゼルバイジャン人,ノガイ人,カラチャイ人,バルカル人などである。 ザカフカス地方の主要民族は上記のアゼルバイジャン人と,古い文化をもつアルメニア人,グルジア人であるが,言語系統も文字も伝統宗教も異にしている。カフカス山中から北麓にかけては,グルジア語と同系のカフカス諸語の言語をもつカバルダ人,イングーシ人,アディゲ人,チェチェン人が居住し,山脈の南と北に分かれて,イラン系のオセット人の集団がある。…

【太陽】より

…赤道半径=69万6000km視半径=15′59″.64質量=1.9891×1030kg赤道重力=273.45m/s2体積=130万4000(地球=1) 比重=1.41自転周期=25.38日 赤道傾斜角=7゜.25極大光度=-26.8等太陽系の中心に位置し,地球にもっとも近い恒星。平均的な恒星の一つであり,スペクトル型G2型の主系列星に分類される。太陽系の総質量の99.9%を占め,惑星その他の多くの太陽系天体を従えている。…

※「グルジア人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android