グループ・ダイナミクス(英語表記)group dynamics

翻訳|group dynamics

世界大百科事典 第2版の解説

グループ・ダイナミクス【group dynamics】

集団力学あるいは社会力学などと訳される。集団と個人との相互依存関係を実証的に研究し,一般的法則を見いだそうとするものである。集団に関する調査・実験・臨床研究がなされるようになったのは1920‐30年代のアメリカであり,レウィンKurt Lewin(1890‐1947)を中心とする社会心理学者によって体系化された。レウィンは集団を心理学的な力の場であるとし,個々の事象を集団の構造との関係でとらえようとする〈場の理論field theory〉を提唱した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグループ・ダイナミクスの言及

【レウィン】より

…しかし,レウィンは人間行動の生起に関心をもち,欲求や動機といった領域に全体的力動的構造の概念を適用するとともに,生理学的説明を排し,トポロジーなどの数学的概念を援用した独自の場の理論を唱えた。アメリカでは集団内の人間行動の研究に取り組み,集団力学(グループ・ダイナミクス)の祖と呼ばれる。晩年には理論と実践の統合をめざし,マサチューセッツ工科大学に集団力学のための研究所を創設したが,彼のもとからは優れた実験社会心理学者が多く輩出した。…

※「グループ・ダイナミクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android