コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローカル企業 グローカルきぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローカル企業
グローカルきぎょう

「日経ビジネス」誌 (1988年9月 26日号) が独自の解釈で作った造語。日本企業が海外進出する場合の基本理念として,単なるグローバル (世界) 化だけでなく,進出先の現地企業化 (ローカル化) も必要だとする考え方である。経済の国際化の進展で,海外戦略が企業にとって死活問題とされているが,その場合,日本に本社をおいて世界企業化するには限界があり,進出先で本社制をとるなど,国際地域性をもたせた世界戦略が必要になってきている。そうした考え方を企業のグローカル戦略,またそれを実施している企業をグローカル企業という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グローカル企業の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門キェシロフスキ高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子板場真二本州四国連絡橋井上光晴ソ連崩壊と東欧の歴史的変革

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android