コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローバル生産 ぐろーばるせいさん global production

1件 の用語解説(グローバル生産の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

グローバル生産

日本メーカーの海外生産は、1960年代、70年代でのアジアKD(ノックダウン)生産からスタートしたが、本格的には、80年代初めに米国でスタートした現地生産をもって始めとする。73年、79年の石油危機以降、燃費効率に優れた日本の小型車は、米国向けの輸出が急増し、日米貿易摩擦が発生した。それを契機に、まずホンダオハイオ州で、日産がスマーナ(テネシー州)で、そしてトヨタがGMと組んでカリフォルニア州で、次々と現地生産を開始した。その後、日本メーカーは、80年代から90年代にかけて、米国に続き欧州、そして最近では中国へと次々にグローバル生産の拠点を構築していった。2005年度の日本自動車メーカーの海外現地生産台数は約1093万台となり、国内生産(約1089万台)を上回った。多くの日本メーカーにとって、米国を中心とした海外事業の収益力は国内以上に高く、各社のスター事業となっている。

(大鹿隆 東京大学ものづくり経営研究センター特任教授 / 藤本隆宏 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グローバル生産の関連キーワードメーカー域外生産キングメーカーチャンスメーカーメーカー品ニュースメーカーヒットメーカートヨタの海外生産ディール・メーカー

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グローバル生産の関連情報