コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローバル生産 ぐろーばるせいさんglobal production

知恵蔵の解説

グローバル生産

日本メーカーの海外生産は、1960年代、70年代でのアジアKD(ノックダウン)生産からスタートしたが、本格的には、80年代初めに米国でスタートした現地生産をもって始めとする。73年、79年の石油危機以降、燃費効率に優れた日本の小型車は、米国向けの輸出が急増し、日米貿易摩擦が発生した。それを契機に、まずホンダがオハイオ州で、日産がスマーナ(テネシー州)で、そしてトヨタがGMと組んでカリフォルニア州で、次々と現地生産を開始した。その後、日本メーカーは、80年代から90年代にかけて、米国に続き欧州、そして最近では中国へと次々にグローバル生産の拠点を構築していった。2005年度の日本自動車メーカーの海外現地生産台数は約1093万台となり、国内生産(約1089万台)を上回った。多くの日本メーカーにとって、米国を中心とした海外事業の収益力は国内以上に高く、各社のスター事業となっている。

(大鹿隆 東京大学ものづくり経営研究センター特任教授 / 藤本隆宏 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

グローバル生産の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グローバル生産の関連情報