コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローマン Will Grohmann

世界大百科事典 第2版の解説

グローマン【Will Grohmann】

1887‐1968
ドイツの美術史家,批評家。1907年にドレスデンで,当時結成されてまもない表現主義グループ〈ブリュッケ(橋)〉の展覧会を組織したのをはじめ,以後作家との交友に基づく数多くのすぐれた研究や評論を発表し,現代ドイツ美術の声価を国際的に高めるうえでも大きな功績を残した。著作としては,友人でもあったクレーカンディンスキーの大部のモノグラフ(それぞれ1954,1958)がよく知られ,その他戦後ヨーロッパ美術を総観した《現代の美術》(1966)などもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グローマンの関連キーワードGrauman's Chinese TheatreChinese Theatreマルモラーダ山岩崎 常治郎マーナ ロイハリウッド中川 牧三

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android