声価(読み)せいか

精選版 日本国語大辞典「声価」の解説

せい‐か【声価】

〘名〙 世のきこえ。評判。名声。ほまれ
※菅家文草(900頃)五・哭田詩伯「万金声価難灰滅、三径貧居任草蕪
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「宗旨の権力一時に其声を落すに至れり」 〔杜甫‐高都護驄馬行詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android