声価(読み)せいか

精選版 日本国語大辞典「声価」の解説

せい‐か【声価】

〘名〙 世のきこえ。評判。名声。ほまれ
※菅家文草(900頃)五・哭田詩伯「万金灰滅、三径貧居草蕪
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「宗旨の権力一時に其声価を落すに至れり」 〔杜甫‐高都護驄馬行詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「声価」の解説

せい‐か【声価】

人や事物に対する世間の評判。名声。「声価が高まる」「声価が定まる」
[類語]名誉名聞めいぶん面目体面面子メンツ一分いちぶん沽券こけん信用信望しん信頼信任人望定評評判暖簾のれん覚え名望声望徳望人気魅力受け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「声価」の解説

【声価】せいか

評判。〔後漢書、宗室四王三侯、北海靖王興伝〕(子中興の始め、禁ほ闊(ひろ)し。而して睦、性恭にして士を好み、千里結す。名儒宿よりして、(いた)らざる(な)し。れに由りて、聲價廣し。

字通「声」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android