コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グールー Pierre Gourou

世界大百科事典 第2版の解説

グールー【Pierre Gourou】

1900‐1999
フランスの人文地理学者。パリのコレージュ・ド・フランスやハノイブリュッセル等の大学で教授を歴任した。彼の学問は,旧フランス領インドシナ研究から始まり,1930‐40年にかけてアジアに関する多くの著書を出版した。とりわけソンコイ川デルタ全域を扱った大著《トンキン・デルタの農民》(1936)は彼の名を世界的なものにした。第2次大戦後はアフリカ研究に打ち込み,その集約はアフリカ地誌の最高水準を示すといわれる《アフリカ》(1970)にまとめられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グールーの関連キーワードジェームス・ビーランド(Jr.) ロジャーズコレージュ・ド・フランスアベングールー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グールーの関連情報