コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイクジャク石(珪孔雀石) けいくじゃくいしchrysocolla

世界大百科事典 第2版の解説

けいくじゃくいし【ケイクジャク石(珪孔雀石) chrysocolla】

鉱物の一種。クリソコーラともいう。化学成分は大略CuSiO3nH2Oとされており,潜晶質,ガラス光沢を示す。青緑色塊状を呈し,貝殻状断口を示す。モース硬度2.5,比重2.0~2.4。クジャク石など銅の二次鉱物と伴って銅鉱床の酸化帯に産出する。日本各地の銅鉱山より産出し,秋田県阿仁(あに)鉱山,同日三市(ひさいち)鉱山,山口県太田鉱山,大和鉱山などの産出標本はよく知られている。濃度5%以下の硫酸には難溶であるが,7%以上の濃度では銅の浸出が可能であるので,多量の銅酸化鉱石を産出する鉱山においては混在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android