コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸出 しんしゅつleaching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浸出
しんしゅつ
leaching

湿式製錬において,鉱石または精鉱中の目的とする金属を適当な溶媒に溶かし,難溶性の不純物および脈石を残渣として残す処理。溶媒は化学的に安定で,目的金属を選択的かつすみやかに溶解し,さらにその溶解度が大きく,またその溶液から金属を容易に還元採取できることが望まれる。また安価であり,取り扱いが安全で,容器を腐食しないことも重要である。浸出溶媒には酸,アルカリいずれも用いられるが,酸浸出はアルカリ浸出に比べて一般に反応速度が大きく,特に硫酸 H2SO4は安価であり,溶媒としてよく用いられる。しかし,浸出容器の腐食や酸化マグネシウム MgO,酸化カルシウム CaOなどが脈石として存在すると,酸がその分よけいに消費されるなどの欠点もある。アルカリ溶媒は高価であるが,錯イオンを形成する場合には,目的金属にのみ選択的に作用するため少量でよいという利点がある。(→ソリューション・マイニング

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐しゅつ【浸出】

[名](スル)物を液体の中につけたときに、その物質の成分が溶け出ること。また、溶け出させること。「生薬の成分を溶剤に浸出させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

浸出

 物体から液体がしみ出すこと.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんしゅつ【浸出】

( 名 ) スル
液体の中にひたっていた固体から、その成分が溶け出ること。 → 滲出(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の浸出の言及

【リーチング】より

…浸出ともいう。鉱石や焙焼(ばいしよう)鉱の中に含有される金属や金属鉱物などの特定の成分を酸,アルカリなどの溶媒に溶かし出し,残りの固体から分離すること。…

※「浸出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浸出の関連キーワード土壌のデグラデーションチェリーブランデーラテライト化作用ロッグウッドの木カタル(医学)フラワーティーロートエキス加齢黄斑変性セレン欠乏症浸出性素因症キュラソー苦味チンキキナエキスベルモットしょっつるマティーニマリファナしもやけタラゴンかさぶた

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浸出の関連情報