コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケタミン Ketamine

翻訳|Ketamine

デジタル大辞泉の解説

ケタミン(Ketamine)

全身麻酔薬の一つ。1962年、米国の製薬会社パーク‐デービスが開発。日本では、昭和45年(1970)から人用の医薬品として販売され、動物用としても使用される。商品名ケタラール大脳皮質視床の活動を抑制して鎮痛作用を示す一方、大脳辺縁系を活性化して向精神作用を示す、解離性麻酔薬の一種。全身麻酔吸入麻酔の導入に使用。麻薬及び向精神薬取締法麻薬に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケタミンの言及

【麻酔】より

…投与量と投与速度によって鎮静,催眠,麻酔の状態を呈するが,鎮痛作用はなく,呼吸,循環機能を抑制することが欠点である。チオペンタール(2)ケタミンketamine 1958年アメリカで開発された。体表痛に対して強い鎮痛作用を有し,中枢神経には特異的に作用する静脈麻酔薬である。…

※「ケタミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ケタミンの関連キーワード全身麻酔薬静脈麻酔麻酔薬

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android