コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸入麻酔 キュウニュウマスイ

4件 の用語解説(吸入麻酔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうにゅう‐ますい〔キフニフ‐〕【吸入麻酔】

気体状の麻酔薬を吸入させて全身麻酔をかける方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうにゅうますい【吸入麻酔 inhalation anesthesia】

麻酔薬を呼吸により肺から摂取する麻酔で,全身麻酔の一つ。呼吸により肺胞に達した麻酔薬(吸入麻酔薬)は,物理的に肺胞から肺毛細血管を流れる血液に拡散し,血液に溶解する。麻酔薬は血流によって中枢神経に運ばれる。麻酔薬の肺胞内濃度は脳における濃度と平衡するので,麻酔の深さは肺胞内濃度によって調節される。麻酔からの覚醒は呼気からの排出により,また一部は体内で分解されるが,代謝産物は臓器に毒性を呈することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうにゅうますい【吸入麻酔】

気体の状態の麻酔薬を吸入させて全身麻酔を行う方法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸入麻酔
きゅうにゅうますい

全身麻酔の方法の一つ。ガス麻酔薬あるいは揮発性麻酔薬を吸入させることによって、全身麻酔を得る方法である。現在、麻酔法としてはもっとも広く用いられている。吸入麻酔薬としては、ガス麻酔薬では笑気、揮発性麻酔薬ではハロタン、エンフルラン、イソフルラン、セボフルランなどがあり、これらの物理化学的性質その他の比較はに示すとおりである。
 表にある「最小肺胞気中麻酔ガス濃度」とは、皮膚に切開を加えても50%の人は体を動かさないという濃度であり、各麻酔薬の強さや薬理作用の比較に用いられる。また「血液溶解度」は、値の小さいものほど麻酔への導入や麻酔からの覚醒が速やかである。[山村秀夫・山田芳嗣]

吸入麻酔の方法

(1)開放点滴法 揮発性麻酔薬をガーゼの上に滴下し、しみ込ませ、これを吸入させる方法である。簡単な方法であるが、麻酔薬が不経済であるし、吸入する麻酔薬の濃度も規定することができないため、現在ではほとんど用いられない。
(2)吹送法 口腔(こうくう)内に細い管を通して麻酔薬を吹き込み、これを患者に吸入させる方法である。
(3)Tチューブ法 気管内チューブにT型またはY型の管をつけ、一方から麻酔ガスを送り、もう一方は外界に開放しておく方法であり、いろいろな変法がある。
(4)循環式麻酔器を用いる方法 これには、呼吸回路が外界とまったく交通しない閉鎖式と、呼気の一部が外界に出される半閉鎖式とがある。
(5)非再呼吸法 マスクまたは気管内を通して麻酔薬を吸わせ、呼気は、すべて外界に出されるものである。[山村秀夫・山田芳嗣]

麻酔深度の判定

麻酔の深さを判定するには、生体の変化を臨床的に観察して行うが、その深さは四つの時期に分けられる。第1期は、意識はまだ消失しないが、痛覚がなくなる時期で、無痛期とよばれる。第2期は興奮期で、患者は無意識のうちに暴れることがある。第3期になると興奮はなくなり、呼吸は平静となり、一般の手術も可能となる。第4期は、深すぎて呼吸も停止し、瞳孔(どうこう)も散大する時期である。このような徴候はエーテル麻酔の場合にははっきり現れるが、その他の麻酔薬ではわかりにくい。そのためこれを目安として麻酔深度を調節することはあまり行われていない。麻酔深度を評価する方法にはその他、食道括約筋の圧を目安にする方法などいくつか考えられているが、一般には血圧や筋の緊張度など臨床徴候から判定している。近年には脳波から麻酔深度を点数化するような計測機器が臨床的に普及してきており、臨床徴候からの判定を補助している。麻酔の第1期すなわち無痛期は、歯科治療などの麻酔として用いられることもある。[山村秀夫・山田芳嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吸入麻酔の言及

【麻酔】より

…全身麻酔は麻酔薬の投与方法により吸入麻酔と静脈麻酔に分けることができる。
[吸入麻酔inhalation anesthesia]
 笑気のようなガス麻酔薬,ハロタンなどのような揮発性麻酔薬を吸入させて全身麻酔を起こす方法である。麻酔薬は肺から摂取され血液に溶解し中枢神経にも分布する。…

【麻酔】より

…これらの徴候は使用する麻酔薬の種類,濃度などにより程度の差が生じ,浅い麻酔では抑制と興奮が混在することがある。全身麻酔は麻酔薬の投与方法により吸入麻酔と静脈麻酔に分けることができる。
[吸入麻酔inhalation anesthesia]
 笑気のようなガス麻酔薬,ハロタンなどのような揮発性麻酔薬を吸入させて全身麻酔を起こす方法である。…

※「吸入麻酔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吸入麻酔の関連キーワード局所麻酔全身麻酔麻酔薬腰椎麻酔低温麻酔ハロセン麻酔科硬膜外麻酔麻酔指数全身麻酔器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吸入麻酔の関連情報