ケネス ノーランド(英語表記)Kenneth Noland

20世紀西洋人名事典の解説

ケネス ノーランド
Kenneth Noland


1934.4.10.(1924.説あり) -
米国の画家。
ノース・カロライナ州アッシュビル生まれ。
ブラック・マウンテン大学で学ぶ。1948〜49年にパリでザツキンに師事、帰国後、モリス・ルイスに強い影響を受けて、’53年頃からロウ・カンバス(地塗りのしていないカンバス)に絵の具をしみこませた手法を取る。ストライプによる同心円、山形をモチーフとする「カラー・フィールド・ペインティング」の典型的な作家で、’70年代半ばから不規則なシェープド・カンヴァスによる色面の絵画を描くようになる。代表作に「左下がりの斜帯(庶子の印)」(’64年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android