コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケミカル・ヒートポンプ ケミカル・ヒートポンプchemical heat pump

1件 の用語解説(ケミカル・ヒートポンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミカル・ヒートポンプ
ケミカル・ヒートポンプ
chemical heat pump

吸熱反応と発熱反応を可逆的にする化学反応組み合わせて,低温の熱を高温の熱に周期的に転換する装置。イソプロパノールを熱してアセトンと水素に分解する吸熱反応と,逆にアセトンと水素が結合してイソプロピレンに戻る発熱反応とを組み合わせたケミカル・ヒートポンプは,低温の工場廃熱でイソプロピレンを分解し,生成したアセトンと水素が再結合するときに放出される反応熱によって高温の工場熱源を得る省エネルギー技術として注目されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケミカル・ヒートポンプの関連情報