ケミカル・ヒートポンプ(英語表記)chemical heat pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミカル・ヒートポンプ
chemical heat pump

吸熱反応と発熱反応を可逆的にする化学反応を組み合わせて,低温の熱を高温の熱に周期的に転換する装置。イソプロパノールを熱してアセトンと水素に分解する吸熱反応と,逆にアセトンと水素が結合してイソプロピレンに戻る発熱反応とを組み合わせたケミカル・ヒートポンプは,低温の工場廃熱でイソプロピレンを分解し,生成したアセトンと水素が再結合するときに放出される反応熱によって高温の工場熱源を得る省エネルギー技術として注目されている。金属または合金が水素と金属水素化物を作る発熱反応と,逆に金属水素化物を加熱して金属と水素に分解する吸熱反応とを組み合わせた金属水素サイクルを,ヒートポンプに利用した冷暖房器も開発中である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android