コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケミカル・ヒートポンプ ケミカル・ヒートポンプ chemical heat pump

1件 の用語解説(ケミカル・ヒートポンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミカル・ヒートポンプ
ケミカル・ヒートポンプ
chemical heat pump

吸熱反応と発熱反応を可逆的にする化学反応組み合わせて,低温の熱を高温の熱に周期的に転換する装置。イソプロパノールを熱してアセトンと水素に分解する吸熱反応と,逆にアセトンと水素が結合してイソプロピレンに戻る発熱反応とを組み合わせたケミカル・ヒートポンプは,低温の工場廃熱でイソプロピレンを分解し,生成したアセトンと水素が再結合するときに放出される反応熱によって高温の工場熱源を得る省エネルギー技術として注目されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケミカル・ヒートポンプの関連キーワード化学反応可逆反応吸熱反応発熱反応不可逆反応化学反応式熱化学方程式中間反応連続反応ベルテロー‐トムセンの原理

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケミカル・ヒートポンプの関連情報