コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発熱反応 はつねつはんのう exothermic reaction

7件 の用語解説(発熱反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発熱反応
はつねつはんのう
exothermic reaction

(1) 熱量の発生を伴う化学反応。化合物が発熱して化学反応を起すもののなかには,酸と塩基の中和反応,金属と酸との反応,水と化合する水和反応などがある。また酸素中における水素や有機化合物などの燃焼反応は光を伴う発熱反応である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はつねつ‐はんのう〔‐ハンオウ〕【発熱反応】

熱の放出を伴う化学反応炭素有機化合物の燃焼、石灰消和などの反応。→吸熱反応

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発熱反応【はつねつはんのう】

熱を放出して進む化学反応。炭素や炭化水素の燃焼,酸と塩基の中和反応など,通常みられる化学反応の多くは発熱反応である。→吸熱反応

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

発熱反応

 反応によって系外に熱を放出する反応.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はつねつはんのう【発熱反応 exothermic reaction】

化学反応が起こると,多かれ少なかれ熱の出入りを伴う。これを精密に測定して化学物質エネルギーの関係を定量的に論じる分野を熱化学と呼ぶ。熱の発生を伴う反応を発熱反応といい,その逆の吸熱反応と区別する。多くの化学反応は発熱を伴うので,発熱量こそ化学反応の推進力と考えられたこともある。この考えは現代では正しくないが,一般に発熱反応は自発的に起こりやすいものが多い(トムセン=ベルトローの原理)。たとえば水素ガス2容と酸素ガス1容の混合気体はわずかの衝撃で瞬間的に反応して水蒸気を生じ,その際,水蒸気1mol(約18g)当り241.8kJもの多量の熱を発生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はつねつはんのう【発熱反応】

熱の発生を伴う化学反応。
エネルギーの放出を伴う核反応。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発熱反応
はつねつはんのう
exothermic reaction

化学反応において反応物から生成物を得る際、熱が発生する反応をいう。化学反応式において左辺は反応物、右辺は生成物を示すが、この式に熱の出入りを含めたものを熱化学方程式という。発熱反応においては、反応において熱が発生するので、右辺に発熱量Qを正の値として記す。反応における熱の出入りは、反応物質中の原子の結合エネルギーの総和と、生成物質中の結合エネルギーの総和との差による。生成物の中の結合エネルギーが反応物質のそれより小さいとき、Qは正となり発熱反応に、逆のときQが負の値となって吸熱反応となる。水素の燃焼反応は典型的な発熱反応である。
  2H2+O2―→2H2O+57.8kcal
すなわち1モル当り57.8キロカロリーの熱を発生する。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の発熱反応の言及

【化学反応】より

…ベルトロとデンマークのトムセンH.P.J.J.Thomsenはそれぞれ独立に,化学反応によって発生する熱量が化学親和力の尺度となるのではないかと考えた。この仮説によれば,発熱反応のみが自発的に起こることになる。しかし一連の反応熱の精密測定によって多くの反応は確かに発熱反応であるが,吸熱反応も少数ではあるが確実に起こることが確かめられ,この仮説は一般的には成り立たないことがしだいに明らかとなった。…

【核反応】より

…質量mとエネルギーEの等価性についてのアインシュタインの式Emc2によれば,Qが正のときには反応の際にエネルギーQが放出されることがわかる。このような反応を発熱反応という。逆にQが負の場合は吸熱反応と呼ばれ,-Q以上のエネルギーを与えなければ反応は起こらない。…

【吸熱反応】より

…熱の吸収を伴う化学反応をいい,この逆を発熱反応と呼ぶ。大部分の化学反応は後者であるので,発熱量こそ化学反応の推進力と考えられた時代もある。…

※「発熱反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発熱反応の関連キーワード活性化エネルギー吸熱反応有機化学反応多かれ少なかれ化学反応式化学変化活性逐次反応光化学反応反応次数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発熱反応の関連情報