コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケラインコ pygmy parrot

2件 の用語解説(ケラインコの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケラインコ【pygmy parrot】

オウム目オウム科ケラインコ亜科Micropsittinaeに属するインコ類の総称。オウム科の中でもっとも体が小さく,全長8~10cmしかない。尾羽は短い角尾で,羽軸がキツツキ類のようにかたく,樹幹や大枝をよじのぼる習性がある。ケラインコの名も習性がキツツキに似ていることによる。熱帯降雨林に小さな群れをつくってすみ,樹皮の間から昆虫類をとったり,樹上のシロアリ類の巣から成虫や幼虫をくちばしでほじり出して食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケラインコ
けらいんこ / 啄木鳥鸚
Pygmy parrot

鳥綱オウム目インコ科ケラインコ属に含まれる鳥の総称。この属Micropsittaの仲間はニューギニアと周辺諸島に6種あり、各種は2~5亜種に分かれる。全長約8~10センチメートルと最小のインコ類で、針状に突出した尾の羽軸でキツツキのように体を支え、長い足指で木の幹を移動する。餌(えさ)は地衣類、果実、昆虫などで、シロアリの巣の中などに営巣する。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のケラインコの言及

【オウム(鸚鵡)】より

…ニューギニア,オーストラリア北端およびその周辺の島に分布する。ケラインコ亜科はオウム科の中でもっとも小さく,全長8~10cm,尾羽の羽軸がキツツキ類のようにかたい。6種がニューギニアとその周辺の島に分布する。…

※「ケラインコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone