ケーススタディー

精選版 日本国語大辞典「ケーススタディー」の解説

ケース‐スタディー

〘名〙 (case study) 現実に起こった具体的事例分析、検討し、その積み重ねによって納的に一般的な原理法則を引き出す研究法。事例研究。個別調査。
※ニューシンク入門(1969)情報化社会とデボノ理論〈松井好〉「このような考え方は、ハーバード大学が開発したケース・スタディーにも、すでに採用されている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ケーススタディー」の解説

ケース‐スタディー(case study)

ある具体的な事例について、それを詳しく調べ、分析・研究して、その背後にある原理や法則性などを究明し、一般的な法則・理論を発見しようとする方法。事例研究法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android