コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーソン病 ケーソンびょう caisson disease

翻訳|caisson disease

4件 の用語解説(ケーソン病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーソン病
ケーソンびょう
caisson disease

潜水作業者などが,2~3気圧以上の高圧環境から急に平常気圧,あるいは低圧環境に戻った場合に起こす減圧症。高圧環境で体内に溶解していた空気中の窒素ガスが,急速に低圧に戻ったときに過飽和状態になって気泡となり,血液中や組織中に出現することが原因となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケーソン‐びょう〔‐ビヤウ〕【ケーソン病】

潜函(せんかん)病

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ケーソンびょう【ケーソン病】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーソン病
けーそんびょう
caisson disease

潜函(せんかん)病のことで、減圧症ともいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケーソン病の言及

【ケーソン】より

…ヨーロッパでは1850年ごろから利用されており,日本には1900年ごろ導入され,関東大震災後の復興時,隅田川の橋梁(きようりよう)基礎を作るのに用いられて以来盛んに利用されるようになった。なお,空気ケーソンでは,高圧下での作業後の減圧に伴って体内組織中に溶けていた空気中の窒素分が気泡化してケーソン病(潜水病)を引き起こす危険があるので,気圧に応じた作業時間,気圧の増減時間の規制を行う必要がある。【藤田 圭一】。…

【潜水病】より

…また慢性症状として,骨の破壊の生じることが知られている。このような障害を減圧症decompression sicknessというが,減圧症は潜函(ケーソン)作業や加圧シールド工法など高圧下作業でも発生する危険があり,潜函病(ケーソン病caisson disease)と呼ばれる。予防としては,深度と滞在時間に応じた段階的減圧法を行うことが不可欠であるが,減圧時に純酸素やヘリウムを呼吸させる方法も行われている。…

※「ケーソン病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケーソン病の関連キーワード潜函病背圧タービン潜水病高圧帯潜水夫フロッグマン加圧蒸煮高圧環境高圧蒸気滅菌テイトの状態式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone