コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルク2世 ゲオルクにせいGeorg II, Duke of Saxe-Meiningen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオルク2世
ゲオルクにせい
Georg II, Duke of Saxe-Meiningen

[生]1826.4.2. マイニンゲン
[没]1914.6.25. ワルデック,バートビルドゥンゲン
近代演劇の発展に寄与したドイツの公爵。ザクセン=マイニンゲン公。女優出身の妃エレン・フランツとともに,1866年マイニンゲン宮廷劇場の専属劇団 (→マイニンゲン劇団 ) を結成,俳優 L.クロネックの協力を得て,みずから演出装置を手がけた。衣装,装置の歴史考証の正確さ,写実的装置などは,彼がイギリス訪問中に親しんだ C.J.キーンの舞台に負うところが多い。群衆の処理の仕方や人物配置などでも多くの新しい手法を試み,1874年のベルリン公演に続くヨーロッパ巡業を通して,近代演劇に多くの影響を与えた。 A.アントアーヌや K.S.スタニスラフスキーもこの劇団の影響を受けた。 1890年に解散。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ゲオルク2世

生年月日:1826年4月2日
ザクセン=マイニンゲン公
1914年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ゲオルク2世の関連キーワードアンハルト=デッサウマイニンゲン公劇団マイニンゲン一座ゲッティンゲンドイツ演劇ワルデック生年月日舞台衣装ザクセン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android