ゲンチリス(英語表記)Gentilis, Albericus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲンチリス
Gentilis, Albericus

[生]1552.1.14. サンジネシオ
[没]1608.6.19. ロンドン
H.グロチウスの先駆者で,国際法の創始者の一人。新教のゆえに異端審問庁の圧迫を受け,父とともに母国イタリアを逃れ,のちイギリスに亡命してオックスフォード大学のローマ法欽定講座の教授となる。国際法に関する著書には,主著『戦争の法について』 De jure belli libri tres (1598) のほか『外交使節論』 De legationibus libri tres (85) と『スペイン弁護論』 Advocationis Hispanicae libri duo (1613) とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android