ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

デジタル大辞泉プラスの解説

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

ドイツの弦楽四重奏団。1809年に結成。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の歴代のコンサートマスター、および首席奏者により構成される。世界最古の弦楽四重奏団として知られ、結成以来、メンデルスゾーンシューマンブルッフなどの作品を初演。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android