ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

デジタル大辞泉プラスの解説

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団

ドイツの弦楽四重奏団。1809年に結成。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の歴代のコンサートマスター、および首席奏者により構成される。世界最古の弦楽四重奏団として知られ、結成以来、メンデルスゾーンシューマンブルッフなどの作品を初演。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android