ゲーアハルト ハウプトマン(英語表記)Gerhart Hauptmann

20世紀西洋人名事典の解説

ゲーアハルト ハウプトマン
Gerhart Hauptmann


1862.11.15 - 1946.6.8.(6.6.説あり)
ドイツの劇作家,小説家
オーバーザルツブルン生まれ。
ブレスラウの美術学校やイェーナ大学で学ぶが、いずれも中退。トルストイホルツの徹底自然主義の影響を受け、1889年処女戯曲「日の出前」を発表し、センセーションを興す。その後、「平和祭」(1890年)、「はた織りたち」(1892年)を著し、ドイツ自然主義の中心的人物となる。「ハンネレの昇天」(1895年)を境にロマン主義的、象徴主義的傾向が強くなり、「沈鐘」(1896年)、「キリスト狂」(1910年)などあらゆるジャンルにわたり創作し、’12年ノーベル文学賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ゲーアハルト ハウプトマン

生年月日:1862年11月15日
ドイツの劇作家,小説家,詩人
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android