コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日の出前 ひのでまえVor Sonnenaufgang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日の出前
ひのでまえ
Vor Sonnenaufgang

ドイツの劇作家ゲルハルト・ハウプトマンの処女戯曲。5幕。 1889年初演。演出家 O.ブラームによる「フライエ・ビューネ」第2回公演に取上げられ,非難と称賛が入り乱れて空前の劇場騒動を巻起した。従来の演劇と違って,社会の最下層の生活をありのままに描いた自然主義の幕あけを告げる作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日の出前
ひのでまえ
Vor Sonnenaufgang

ドイツの作家ハウプトマンの五幕戯曲。1889年作。同年自由劇場初演。自然主義の代表作。シュレージエンのある地方では、炭坑が発見されたため地所が高騰し、にわか成金になった貧農たちは、無為からアルコール中毒になる。その状況を調査にきた社会改革者アルフレート・ロートは、旧友の技師ホフマンが婿に入ったクラウゼ家に止宿するが、当主のクラウゼはアル中で廃人同様であり、後妻は甥(おい)の白痴の青年カールと通じており、ホフマンの妻である長女マルタもアル中で子供を死産する。次女のヘレーネは、寄宿学校で教育を受けたために、腐敗した環境に染まっていないが、カールと結婚を強いられている。ロートは自分に恋したヘレーネをこの泥沼から救い出そうとするが、友人の医師から、彼女もアル中の遺伝を受けていると忠告され、彼女を置いて出立し、捨てられたヘレーネは自殺する。当時の習慣では赤裸々にすぎる描写が劇場騒動に発展したが、自然主義運動の支持者は歓呼してこの作品を迎えた。[岩淵達治]
『橋本忠夫訳『日の出前』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日の出前の関連キーワードブリアン(Emil František Burian)ハウプトマン(Gerhart Hauptmann)アルジャーノン・チャールズ スウィンバーンエミール・フランチェスカ ブリアンゲーアハルト ハウプトマンミハイル ゾーシチェンコヘンリ ウイリアムスンイブヌル・ハイサムミゾゴイ(溝五位)オット ブラームトリノフンダマシパンスターズ彗星スウィンバーンゾシチェンコビーナスの帯ズーダーマンエジプト暦橋本 青雨明けの明星鳥の糞騙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日の出前の関連情報