コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウボウシバ

2件 の用語解説(コウボウシバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コウボウシバ

コウボウムギ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウボウシバ
こうぼうしば / 弘法芝
[学]Carex pumila Thunb.

カヤツリグサ科の多年草。高さは10~20センチメートル、葉の質はやや堅く、幅は2~4ミリメートル程度。上方の数個の小穂は雄小穂で、残りは雌小穂。雌小穂は直立し、果胞を密につける。日本各地の海岸の砂浜に普通にみられ、長い根茎を伸ばして群生。コウボウムギとともに海浜植物の代表的な種。和名は、コウボウムギに似ているが小形であることによる。朝鮮半島、中国、オーストラリアにも分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコウボウシバの言及

【コウボウムギ】より

…筆の形をした根茎を雅味を好む人が用いたといわれるが,最近中国では,繊維の多い茎や葉を製紙原料とする。 コウボウシバ(弘法芝)C.pumila Thunb.は同じく砂浜に生えるスゲで,コウボウムギよりずっと小さく,1本の茎に雄と雌の穂が数個つく。【小山 鉄夫】。…

※「コウボウシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コウボウシバの関連情報