コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウボウシバ

2件 の用語解説(コウボウシバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コウボウシバ

コウボウムギ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウボウシバ
こうぼうしば / 弘法芝
[学]Carex pumila Thunb.

カヤツリグサ科の多年草。高さは10~20センチメートル、葉の質はやや堅く、幅は2~4ミリメートル程度。上方の数個の小穂は雄小穂で、残りは雌小穂。雌小穂は直立し、果胞を密につける。日本各地の海岸の砂浜に普通にみられ、長い根茎を伸ばして群生。コウボウムギとともに海浜植物の代表的な種。和名は、コウボウムギに似ているが小形であることによる。朝鮮半島、中国、オーストラリアにも分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコウボウシバの言及

【コウボウムギ】より

…筆の形をした根茎を雅味を好む人が用いたといわれるが,最近中国では,繊維の多い茎や葉を製紙原料とする。 コウボウシバ(弘法芝)C.pumila Thunb.は同じく砂浜に生えるスゲで,コウボウムギよりずっと小さく,1本の茎に雄と雌の穂が数個つく。【小山 鉄夫】。…

※「コウボウシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コウボウシバの関連情報