コキンバイザサ(英語表記)Hypoxis aurea Lour.

世界大百科事典 第2版の解説

コキンバイザサ【Hypoxis aurea Lour.】

小型の黄色の花をつけるキンバイザサ科多年草(イラスト)。キンバイザサに似て葉はより細く,花には長い花筒部がない。鉢植えにして観賞用とされることがある。地下茎は塊状で直径0.5~1cm,上部は(さや)状の葉に包まれる。葉は線形で長さ6~30cm,細長い軟毛を散生する。花は5~6月に咲き,花茎は数本出る。花筒部はやや太く,花冠とおしべは平開する。果実は蒴果(さくか)で,種子は扁球形,表面は密にいぼ状突起がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コキンバイザサ
こきんばいざさ / 小金梅笹
[学]Hypoxis aurea Lour.

ヒガンバナ科(APG分類:キンバイザサ科)の多年草。キンバイザサ科として扱われる場合も多い。根茎は塊状、葉は長さ10~25センチメートル。花期は5月、花は普通は1個、黄色で径約1センチメートル。花被片(かひへん)は6枚、花筒はなく、子房は下位、肉質の(さくか)を結ぶ。岩手県以西の本州から沖縄の暖地の林下に生え、中国、インド、東南アジアの熱帯にも分布する。[清水建美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android