コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシアカキジ Lophura ignita; crested fireback

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシアカキジ
Lophura ignita; crested fireback

キジ目キジ科。全長 68cm。オジロコシアカキジ L. i. rufa など 4亜種がある。雄は顔の裸出した部分が紫色,頭,背が紫青色。腰は赤褐色。胸腹部は紫青色。尾は長く,中央の 2枚は白く,ほかの尾羽は紫青色。脚は赤い。紫青色の扇形の冠羽(→羽冠)がある。雌は雄よりやや小さく,全体に褐色で,胸腹部には白い縦斑がある。雄と同様に冠羽をもつ。ミャンマー南端からマレー半島,インドネシアのスマトラ島ボルネオ島の低地に分布する。近縁種に,キジ愛好家の間でよく飼育されているハッカン,シマハッカン L. diardi などがある。シマハッカンは近年,絶滅の危機に瀕している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシアカキジ
こしあかきじ / 腰赤雉
fireback

鳥綱キジ目キジ科コシアカキジ属に含まれる鳥の総称。同属Lophuraは、ヒマラヤ、中国南部、台湾、マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島などに分布し、全部で10種いる。雄は全長80センチメートル、尾が大きくて長く、頭によく目だつ冠羽があるのが特徴で、羽色は黒、紫、橙(だいだい)、黄、白などからなる。雌は全長57センチメートル、全体に赤褐色をしている。よく知られたものに、ハッカン、オジロコシアカキジ、サンケイなどがいる。森林、竹林、低木林などにすみ、地上を歩きながら小動物や植物の種子をとって食べる。地上に簡単な巣をつくり、数個から10個ぐらい産卵する。この類のなかには観賞用として動物園などで飼われるものが多い。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コシアカキジの関連キーワードハッカン(白鷴)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android