コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシオガマ Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz

2件 の用語解説(コシオガマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コシオガマ【Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz】

日当りのよい草地に生えるゴマノハグサ科の半寄生の一年草(イラスト)。和名はシオガマギクに似て,花が小さいのでいう。茎は直立して全体に軟毛が生え,高さ20~70cm。葉は対生し,三角状卵形で羽状に深く裂ける。9~10月,上部の枝の葉のわきごとに,淡紅紫色の唇形の花を1個つける。萼は鐘形で5裂し,腺毛がある。花冠は長さ2cm,太い筒形で2唇に裂け,上唇は2裂して反り返り,下唇は3裂する。蒴果(さくか)はゆがんだ卵形で,先がとがり,半ばまで萼に包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシオガマ
こしおがま / 小塩竈
[学]Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz

ゴマノハグサ科の半寄生の一年草。茎は直立して高さ20~70センチメートル。葉は三角状卵形で羽状に深く裂ける。秋、上部の葉のわきごとに1花をつける。花全体に腺毛(せんもう)がある。花冠は筒状で先は5裂して唇形、淡紅紫色である。低山の日当りのよい草地に生え、日本、朝鮮半島、中国に分布する。この属は東アジアにのみ分布し、5種知られる。名は、シオガマギクに似ており、花が小さいのでいう。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コシオガマの関連キーワード畦菜瓜草海蘭小米草胡麻の葉草紫蘇草雀の稗比翼草犬磚子苗川萵苣

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone