コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシオガマ Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz

世界大百科事典 第2版の解説

コシオガマ【Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz】

日当りのよい草地に生えるゴマノハグサ科の半寄生の一年草(イラスト)。和名はシオガマギクに似て,花が小さいのでいう。茎は直立して全体に軟毛が生え,高さ20~70cm。葉は対生し,三角状卵形で羽状に深く裂ける。9~10月,上部の枝の葉のわきごとに,淡紅紫色の唇形の花を1個つける。鐘形で5裂し,腺毛がある。花冠は長さ2cm,太い筒形で2唇に裂け,上唇は2裂して反り返り,下唇は3裂する。蒴果(さくか)はゆがんだ卵形で,先がとがり,半ばまで萼に包まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシオガマ
こしおがま / 小塩竈
[学]Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz

ゴマノハグサ科の半寄生の一年草。茎は直立して高さ20~70センチメートル。葉は三角状卵形で羽状に深く裂ける。秋、上部の葉のわきごとに1花をつける。花全体に腺毛(せんもう)がある。花冠は筒状で先は5裂して唇形、淡紅紫色である。低山の日当りのよい草地に生え、日本、朝鮮半島、中国に分布する。この属は東アジアにのみ分布し、5種知られる。名は、シオガマギクに似ており、花が小さいのでいう。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コシオガマの関連キーワード日当り山崎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android