コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コショウ科 コショウかPiperaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コショウ科
コショウか
Piperaceae

双子葉植物コショウ目の1科。新旧両大陸の熱帯,亜熱帯地域に8属約 3000種が知られる。このうちコショウ亜科 (狭義のコショウ科) は小低木またはつる植物で,葉は単純形で互生し,植物体全体に芳香をもつものが多い。一方のサダソウ亜科 (サダソウ科 Peperomiaceaeとして独立させることがある) は多肉の葉を互生,対生,または輪生する小型草本である。両群とも花はごく小さく,花被はない。おしべは1~10本 (サダソウ亜科ではすべて2本) ,子房は上位で,通常は両性花である。花序は穂状になるものが多い (→穂状花序 ) 。最も重要なコショウ (胡椒) をはじめ,同属 (Piper) 数種が香辛料植物として栽培され,サダソウ亜科には観賞用植物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コショウ科
こしょうか
[学]Piperaceae

双子葉植物、離弁花類。藤本(とうほん)(つる植物)または多年草。葉は単葉で全縁、芳香がある。花序は穂状で葉と対生または腋生(えきせい)。花は小さく、両性または単性。花被(かひ)はなく、2~10本の雄しべと、2~4またはそれ以上の心皮の合生によると考えられる雌しべとからなる。子房は1室。1個の基生する胚珠(はいしゅ)がある。日本にはフウトウカズラなど2属4種が自生。世界の熱帯、亜熱帯に広く分布し、約3000種が知られる。ドクダミ科に近縁と考えられている。[大森雄治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコショウ科の言及

【コショウ(胡椒)】より

…東インド原産のコショウ科の常緑つる植物(イラスト)。その実は最も古くから著名なスパイスの一つで,香辛味のほか防腐効果,食欲増進の効果などがある。…

※「コショウ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コショウ科の関連キーワードフウトウカズラ(風藤葛)タイヨウフウトウカズラベテル・チューイングカバ(コショウ科)節(ふし 植物)コショウ(胡椒)フウトウカズラキンマ(蒟醬)クロコショウカバ(植物)蒟醤・蒟醬ポリネシアペペロミアドクダミ科南藤胡椒チャモロカバカバ和太々非嗜好品醸造酒

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コショウ科の関連情報