コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチロサウルス cotylosaur

世界大百科事典 第2版の解説

コチロサウルス【cotylosaur】

杯竜目Cotylosauriaに属する爬虫類の総称。原始爬虫類で,古生代後期から中生代前期にかけて生存した。両生類セイモウリアもこれに入ると考える人もいる。頭骨は全般に高くなり,だんだんと扁平さがなくなってくる。頭蓋の両眼より後の部分に側頭窓と呼ぶ穴が開いていないので,カメ目などとともに無弓亜綱Anapsidaに含まれる。頭頂骨の後方の骨が退化し,耳裂溝は消失し,後頭顆が1個となる。口蓋の翼状骨が発達し,歯が生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone