コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイモウリア

百科事典マイペディアの解説

セイモウリア

シームリアとも。ペルム紀前期の原始的な両生類。体長約60cm。頭骨や歯の特徴は,両生類の迷歯類と共通的だが,脊椎・肢骨など爬虫(はちゅう)類の特徴を備え,両者の中間的動物と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セイモウリア【Seymouria baylorensis】

アメリカのテキサス州シーモアSeymourの町の北部に発達する二畳系下部の地層から発見された両生類と爬虫類の中間型動物(イラスト,イラスト)。名前は発見地に由来する。全長60cm,頭は比較的大きく,首は短い。胴は太く,がんじょうな四肢があり陸上生活に適応できた。頭骨は迷歯類と同じ骨組みで,耳裂溝が大きく開き,後頭顆は1個で炭竜目のものに近い。椎骨は側椎心が発達し,間椎心は小さく,神経弓は両側へ広がっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセイモウリアの言及

【迷歯類】より

…間椎体,側椎体,神経弓の三つが合わさった炭竜型椎骨をもち,体の支持構造が発達している。二畳紀初期のセイモウリアSeymouriaで代表されるセイモウリア形類(亜目)Seymouriamorphaは爬虫類と両生類の中間的なものである。【長谷川 善和】。…

※「セイモウリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セイモウリアの関連キーワードコチロサウルスシームリア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android