コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッカースパニエル cocker spaniel

翻訳|cocker spaniel

デジタル大辞泉の解説

コッカー‐スパニエル(cocker spaniel)

犬の一品種。体高30~40センチ。足は太くて短く、毛は絹糸状で、耳は大きく垂れている。原産地は英国で、ヤマシギ(cock)の狩猟に用いられた。愛玩用もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コッカースパニエル【cocker spaniel】

鳥の猟に用いるために改良された犬の総称名の一。シギ(コック)をとる犬の意。イングリッシュ-コッカー-スパニエルなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッカースパニエル
こっかーすぱにえる
cocker spaniel

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種。名の由来はヤマシギcock猟に用いられたことで、おもに鳥猟をするスパニエル族のなかでもっとも小形である。原産地はイギリスで、そのイングリッシュコッカースパニエルがアメリカに渡り、新たにアメリカンコッカースパニエルが作出された。イングリッシュのほうはアメリカンに比べ口吻(こうふん)部が長く、飾り毛が少なく、より実用的タイプである。毛色はブラックエンドタン、ローン、斑(はん)などで、大きさは体高38~43センチメートル。一方、アメリカンのほうはイングリッシュに比べると、実猟犬としてよりはショードッグや家庭犬として改良作出されてきた。頭部はより丸く、目もより大きく丸い。さらに飾り毛も長く豊富で、これらは猟野向きの体形ではない。毛色は黒、レバー、赤、バフ、斑、ブラックエンドタンなどで、たいへん美しい犬種である。大きさは体高約33~40センチメートル。両種とも断尾する。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コッカースパニエルの関連キーワードイヌのおもな毛色イングリッシュ大石まどかスパニエルはしのえみ増井光子コックシギ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android