コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッカースパニエル コッカースパニエル cocker spaniel

翻訳|cocker spaniel

3件 の用語解説(コッカースパニエルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コッカー‐スパニエル(cocker spaniel)

犬の一品種。体高30~40センチ。足は太くて短く、毛は絹糸状で、耳は大きく垂れている。原産地は英国で、ヤマシギ(cock)の狩猟に用いられた。愛玩用もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コッカースパニエル【cocker spaniel】

鳥の猟に用いるために改良された犬の総称名の一。シギ(コック)をとる犬の意。イングリッシュ-コッカー-スパニエルなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッカースパニエル
こっかーすぱにえる
cocker spaniel

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種。名の由来はヤマシギcock猟に用いられたことで、おもに鳥猟をするスパニエル族のなかでもっとも小形である。原産地はイギリスで、そのイングリッシュコッカースパニエルがアメリカに渡り、新たにアメリカンコッカースパニエルが作出された。イングリッシュのほうはアメリカンに比べ口吻(こうふん)部が長く、飾り毛が少なく、より実用的タイプである。毛色はブラックエンドタン、ローン、斑(はん)などで、大きさは体高38~43センチメートル。一方、アメリカンのほうはイングリッシュに比べると、実猟犬としてよりはショードッグや家庭犬として改良作出されてきた。頭部はより丸く、目もより大きく丸い。さらに飾り毛も長く豊富で、これらは猟野向きの体形ではない。毛色は黒、レバー、赤、バフ、斑、ブラックエンドタンなどで、たいへん美しい犬種である。大きさは体高約33~40センチメートル。両種とも断尾する。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コッカースパニエルの関連キーワードコリーセンチ波グレートデーンセントバーナード野沢菜姫瓜大和芋十六豇豆チンチラ兎ラブラドルレトリバー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コッカースパニエルの関連情報