コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッタ[会社] J.G.Cotta’sche Buchhandlung

世界大百科事典 第2版の解説

コッタ[会社]【J.G.Cotta’sche Buchhandlung】

1659年コッタJohann Georg Cotta(1631‐92)によりチュービンゲンに設立された文芸・学術書を中心とするドイツの出版社。1977年以降クレット社の文芸・学術部門と合併してクレット・コッタ社になっている。現所在地はシュトゥットガルト。18世紀後半から19世紀中葉にかけての盛期には古典主義のゲーテ,シラー,ロマン主義のF.シュレーゲル,さらにはヘルダーリンクライスト,ジャン・パウルなどの作品を世に問うとともに,諸分野の学術書も多数刊行していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コッタ[会社]の関連キーワード光邦奈津子ヘルダー教会ゲッティンゲン詩派ティシュバイン浅井了意ホイヘンスシュトラウス草木図説シュトラウス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android