コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハウミウシ コノハウミウシ Phylliroe bucephala; flowing leaf; pelagic sea slug

2件 の用語解説(コノハウミウシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノハウミウシ
コノハウミウシ
Phylliroe bucephala; flowing leaf; pelagic sea slug

軟体動物門腹足綱コノハウミウシ科。体長 4cmぐらい。体は左右に扁圧された木の葉状で,後端は二叉し,足を欠く。触角は長いが,眼はない。淡桃色半透明で内臓は透けて見える。肝臓盲管は4本,腸管は前へ走り,肛門は体の前方右側にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノハウミウシ
このはうみうし / 木葉海牛
flowing leaf
[学]Phylliroe bucephala

軟体動物門腹足綱コノハウミウシ科のウミウシ。世界の温熱帯域の大洋表面近くに浮遊生活をしていて、発光生物としても著名である。体長40ミリメートルぐらいになり、体は透明な寒天様で側扁(そくへん)している。体後部はやや細まり、後端は尾びれのように変形している。頭部の触角は長く目はない。内臓器官は透けてみえ、体表の組織中に多数の橙褐色(とうかっしょく)の発光器を散らしている。海中では体をほとんど横にして浮遊していると思われる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコノハウミウシの言及

【ウミウシ(海牛)】より

…ヒカリウミウシPlocamophers telsiiなども発光する。多くの種は岩礁や海藻の上を広い足ではい回るのに対し,コノハウミウシPhyliroe bucephalaは3cmくらいで名のように木の葉状,無色透明で浮遊生活をするが,発光し,また足にクラゲの1種Mnestraが着生する。日本産ウミウシ類は約250種。…

※「コノハウミウシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コノハウミウシの関連キーワード軟体動物海牛後鰓類前鰓類象水母雨虎磯粟餅軟体類ウミウシ