コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブヒトデ Oreaster nodosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コブヒトデ
Oreaster nodosus

棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目オレアステル科。長 20cmにもなり,背部が高く盛上がって厚く,腕の断面が三角形状になっている。腕との上には円錐形状のが並んでいて,瘤の先端が2~3個に分岐することがある。色は普通粘土色で,腕の先端と瘤は泥褐色。奄美大島以南の熱帯サンゴ礁に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コブヒトデ【Oreaster nodosus(=Protoreaster nodosus)】

ヒトデ綱コブヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。奄美大島以南に分布し,深さ50cm内外のサンゴ礁の上に見られる特異な形をしたヒトデで,中央の盤は高く盛り上がって厚くなり,5本の太い腕がでる。直径40cmにも達する。腕の断面は三角形状になり,腕の先端から盤に向けて円錐状の瘤が1列に並んでいる。瘤の数は成長度にほぼ比例して増加するので,個体により変異が見られる。また瘤の先端が2~3個に分岐することもある。背板は規則正しく並んでいて,腕の基部で4列の背側板になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブヒトデ
こぶひとで / 瘤海星
[学]Oreaster nodosus

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱オレアステル科に属する海産動物。背面に大きなこぶ状突起がたくさんある、重くて硬いサンゴ礁産のヒトデ。こぶは円錐(えんすい)形で先がとがり、普通、40個ぐらいある。腕の長さは15センチメートル以上になる。地色は灰褐色、粘土色、橙(だいだい)色、赤色などで、こぶは黒色、赤褐色、暗褐色などを帯びる。南西諸島以南、インド洋、西太平洋のサンゴ礁海域に分布する。見かけが堂々として重量感があり、よく保存に耐えるので、乾燥標本にして飾り物にされる。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コブヒトデの関連キーワードマンジュウヒトデ(饅頭海星)こぶ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コブヒトデの関連情報