コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コベリン covelline

世界大百科事典 第2版の解説

コベリン【covelline】

銅ランともいう。化学組成CuS。藍青色でへき開の発達した鉱物であるが,肉眼で認められる結晶はまれ。鉱石顕微鏡下で強い多色性と異方性を示す。六方晶系。モース硬度1.5~2,比重4.6~4.8。Cu66%。ときに玉虫色を示す。銅の二次富化帯に,他の銅の硫化鉱物表面をおおって,または割れ目を埋めて生成していることが多い。斑銅鉱の表面が紫色になったり,黄銅鉱の表面が青緑色になっている場合,表面だけの変色で,顕微鏡下でも格別の鉱物の生成の認められないことも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コベリンの関連キーワード銅鉱物銅山

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android